1995年6月。
 新聞部は、夏休み前の学校新聞で「学校の七不思議」を特集することになった。
 七人の学生を集めて、彼らから怖い話を聞き、それを特集としてまとめるのだ。
 新聞部三年生の日野から命を受け、新入部員の坂上修一はその集会の聞き役を担当することになった。
 集会当日、放課後の新聞部部室に日野によって集められた七人の語り部と聞き役の坂上修一は初めて顔を合わせる。
 しかし、七人集められたはずの語り部は、何故か六人しかいなかった。
 七人目が姿を見せぬまま始まる七不思議の集会。
 七人目は、現れるのか。
 そして、この集会の終わりに待っているのは……。



 アスペクト文庫より発売され(現在、廃版)、いまだ人気の高い小説版『学校であった怖い話』(上下巻)が、ビジュアル・ノベルとして蘇る。
 ここに収録された話は、コンシューマー・ゲームでは表現不可能な過激なものばかり。限界ギリギリのグラフィックを伴い、ここに再見!